2010年 03月 04日

ハワイ沖で実習の「宮城丸」無事 訓練中に津波観測(産経新聞)

 宮城県教育委員会は28日、県水産高校(石巻市)と気仙沼向洋高校(気仙沼市)の生徒ら57人が乗船し、ハワイ沖で実習中だった県の海洋総合実習船「宮城丸」から、乗組員全員の無事を伝える連絡があったと発表した。

 同日午前9時ごろ、船長から県教委に電話で連絡が入った。連絡によると、宮城丸は1月20日に石巻港を出港し、約2カ月間の日程で実習中だった。津波の発生時は、ハワイ南西沖約1千キロでマグロはえ縄操業の訓練を行っており、海上で約1・5メートルの津波を観測したという。

 同船は現在、ホノルル方面に向かって航行中。当初の予定通り、3月2日にホノルル港に入港する予定という。

【関連記事】
自衛隊に情報収集指示 大津波警報でP3C哨戒機などが警戒
地形によって予測より高い波も 気象庁HPに津波情報
沿岸部の鉄道各線、運転見合わせ相次ぐ 大津波警報受け
近畿、四国地方も対策本部 大津波警報で設置
着のみ着のまま高台へ…緊迫の避難現場、岩手・山田町

「ジパング」最終巻刊行 漫画家、かわぐちかいじさんに聞く(産経新聞)
ウィンダム (ガンダムシリーズ)
外相、米核戦略で緊密協議求める(産経新聞)
ビタミン欠乏症
満潮、大潮で一層の警戒を=気象庁(時事通信)
[PR]

by lrjhbjrh1n | 2010-03-04 05:24


<< 「カンガルーケア」中に赤ちゃん...      全面禁煙、飲食店・官公庁などで... >>